じょうなん店 支店長

2017年 中途入社

猪俣 和貴

猪俣 和貴_1

ナカジツに入社した理由を教えて下さい。

前職では、設計事務所で設計をしていました。 親が大工であったことから昔から建築分野に興味があり、建築家になる事を目指して勉強をしていました。
しかし、実際に設計事務所で働いてみると、自身が思い描いていた状況とは違い、激務かつ仕事内容が図面作成一辺倒であったため、業務のほとんどが事務作業であり、お客様とコミュニケーションをとる機会が極端に少ないという点で、自身のやりたい事とのミスマッチを大きく感じました。
そこで、「よりお客様とコミュニケーションが取れる環境で建築に携わりたい」と思うようになり、転職を決意しました。
転職活動を進めていく中で、候補として挙がったのは「ハウスメーカー」「不動産売買仲介」の2つでした。
「ハウスメーカー」は建築の知識は活かせますが、一つの商品しか提供できないという点で自分の中で違うなと思い、最終的には「不動産売買仲介」を選択しました。
その中でナカジツを選んだ理由は、「明るい社風」と「実力主義」の2つです。
また、当時福岡で立ち上げメンバーを募集していたという点にも大きく惹かれ、ナカジツへの入社を決意しました。

入社後のギャップはありましたか?

入社当初、研修で愛知にいた半年間は、なかなか結果を出すことができず、つらい期間でした。
しかし、福岡の店舗がオープンして3ヶ月くらい経った頃に、愛知研修での経験や知識、福岡で新しく得た知識が実り、成果を残すことができるようになりました。
結果が出るまでは、正直ギャップを感じずにはいられなかったのですが、実際に結果を残せるようになると、どんどん仕事が楽しくなっていき、自身が入社前に思い描いていた理想の姿以上になることができました。
つらい時期を乗り越えたからこそ、また先輩方の懇切丁寧なご指導のおかげがあったからこその結果だと感じています。

猪俣 和貴_2

店長になり、仕事の内容に変化はありましたか。

店長となるまでは、自身の事だけを考えていれば良かった所が、店長となってからは店舗全体を見なくてはいけなくなったため、仕事内容はガラリと変わりました。
自分を管理する以上に他人を管理するということは大変だと感じており、今まで指導頂いた先輩方には頭が上がりません。

ナカジツの「普通じゃない」点を教えてください。

主に3つあります。 1つ目は、実力主義である点。 2つ目は、社内の風通しが良く、年次関係なしに誰もが気軽に意見出せる点。
3つ目は、社内イベントや個人の誕生日などスタッフへの思いやりが強い点です。

最後に、学生さんへのメッセージを願い致します。

就職活動を始めるうえで、必ず事前準備をして頂きたいことが1つあります。
「自身が本当にやりたいこと」を明確にする事です。
この部分が明確でなければ、入社をした際に様々なギャップや人間関係に悩まされ、結果仕事を辞めざるを得なくなり、貴重な20代を無駄に過ごしてしまいます。
「何が自分の価値観なのか」「何が好きなのか」「何が得意なのか」などを考える事で、「本当にやりたいこと」を自身で導き出すことができます。
それらを考え抜いた上で仕事選びをすることが、後悔しない就職活動に結びつくのではないかと思います。
頑張ってください。

猪俣 和貴_3