ESRATE よく分かる不動産事業

不動産って何?
土地やその定着物である建物や立木などの動かしがたい財産のことです。
基礎と家屋の部分(壁)が接合されているものと解釈されます。
登記ってなに?
たとえば友人からマンションを譲り受けても、この登記を行わないと法的に守られません。
土地や家にその人の名前が記されていても、本当にその人の物だということはわかりません。
登記によってその不動産の権利者が誰なのかを公に明らかにするのです。
そしてそれを証明するために国が発行したものが登記簿です。
宅地建物取引士ってなに?
国家試験に合格して認定される資格で、
不動産仲介業者は1つの事務所に従業員5名ごとに1名以上の宅地建物取引士を置くことが義務づけられています。
また一般消費者が不動産を購入する場合の重要事項説明は、宅地建物取引士が行なわなければなりません。
不動産仲介って何をするの?
不動産を売りたい方と買いたい方の間に入って橋渡しをすることが仕事です。
売りたい方のご希望の金額や条件と、買いたい方のどうしても欠かせられない条件のマッチングを行います。
ナカジツではそれだけでなく、税金やローン、リフォームのご提案やご相談も各スタッフが行います。
不動産に関するスペシャリストになるならナカジツしかありませんよ!!
査定って何をするの?
不動産を売りたいお客様のご自宅にお邪魔し、物件の築年数や相場、評価額などから現在の販売価格を割り出します。

稀に「自宅に来てほしくない」というお客様もみえます。そういった際には、お電話で伺う住所や状況を頼りに販売価格を算出します。
思い入れの強い自宅を売るということはとてもデリケートなことです。
どういったご状況で売却を考えられているのかということも考慮に入れた、誠実な対応が求められます。
媒介契約の3種類の違いを教えてください。
不動産の売却を仲介業者に依頼する場合は、不動産会社と売主様の間で媒介契約を結ぶことになります。
この媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の三種類があります。 それぞれの違いは以下の通りです。

■一般媒介契約

・売主様は複数の不動産会社へ売却の依頼が可能となる
・レインズへの登録は売主の任意(希望があれば掲載しなくてもOK)
・売主様に対して販売状況の報告義務がない
・知人に売るなど、自ら買主様を探してきても良い
■専任媒介契約

・売主様は1社のみ売却の依頼が可能
・媒介契約締結後7日以内にレインズへの登録が義務
・販売状況報告を2週間に1度以上行うことが不動産会社に義務付けられる
・知人に売るなど、自ら買主様を探してきても良い
■専属専任媒介契約

・売主様は1社のみ売却の依頼が可能
・媒介契約締結後5日以内にレインズへの登録が義務
・販売状況報告を1週間に1度以上行うことが不動産会社に義務付けられる
・自ら買主様を探すことはできない
仲介手数料とは何ですか?
不動産売買契約が成立した際にお客様から成功報酬としていただくお金のことです。
なお、仲介手数料の上限は法律で定められており、それを超える金額を受領することは宅建業法違反となります。
売主様の依頼を受けて売買契約を成立させた場合は売主様から、買主様の依頼を受けていれば買主様から報酬額をいただきます。
不動産売買時にかかる諸費用にはどんなものがありますか?
不動産売買時には、以下のような費用が物件代金とは別にかかることになります。

■売却する場合

・測量費用
・仲介手数料
・抵当権抹消費用
・仲介手数料
・測量費用

■購入する場合

・印紙代
・登録免許税等
・固定資産税等清算金
・仲介手数料
・ローン事務手数料
・金消印紙代
・抵当権設定費用
・銀行保証料
・火災保険料
・不動産取得税

お客様にしっかりご説明し、ご理解いただいた上で商談を進めることが大切です。