リフォーム・リノベーション部門

執行役員

杉江 純人

2012年 入社

名城大学 理工学部 建築システム工学科 卒業

執行役員

杉江 純人

2012年 入社

名城大学 理工学部 建築システム工学科 卒業

会社をより良くする為に部が担っているミッション
「中古でいい」から「中古がいい」へ
この合言葉のもと、不動産流通営業部門と連携し、物件探しからリフォーム工事、アフターメンテナンスまで一貫したワンストップサービスをご提供しています。不動産のプロと建築のプロがお客様に寄り添い、お客様に安心で安全な「大好きに囲まれた暮らし」をお届けすることが我々のミッションです。

□リフォームはモノ売りではありません。体感型ショールームや内観パースを通じて、お客様に大好きな空間に住む『コト』をイメージしてもらい、ワクワクする提案を大切にしています。
□専属の検査員を配置し、高い施工品質をお届けします。
□部署の垣根を越えて、お客様にとって最も良いサービスは何かを追求し続けます。
ミッションを達成する為のアクション
「お客様ファースト」を合言葉に<うる><つくる><はたらく>のあらゆる質を高めていきます。

□<売る>
(あとで工事金額が上がってしまい支払いがつらい…)
(見た目で選んだキッチンが使いにくかった…)
完成形が見えないリフォームだからこそ起きてしまう、完成前のイメージとのギャップ。このギャップを無くすために、完全定額制のパッケージ商品や、体感型ショールーム、お客様のこだわりを忠実に再現した内観パースを用いています。お客様以上にお客様のことを考え、お客様の創造を超えるような提案を目指しています。

□<つくる>
部署専属の品質検査員によって明確な管理基準のもと社内品質検査を実施しています。また新人スタッフへの現場同行や勉強会を積極的に開催し、担当スタッフによる工事品質のバラつきが無い体制をつくっています。さらに生産性を向上するために、建築業界の常識に捉われず、新たなシステムの導入や既存システムの改善を積極的に行っています。

□<働く>
内部の活性化こそが外部への発信力となります。「チームワーク」を大切に、店舗間の横のツナガリを深めるために、新人スタッフの店舗巡回研修や、現場実施型の教育カリキュラムを行っています。事務所内では、先輩や後輩、役職に関係なく、雑談を交えたコミュニケーションが飛び交っています。
未来の仲間へのメッセージ
建築を通じて、お客様の『夢をカタチ』にするのが我々の仕事です。しかしそれは、決してひとりでは実現できません。提案する人、デザインをする人、工事をする人、そしてそれを陰で支える人…全ての関わる人がお客様のために、最高のパフォーマンスを発揮しなければ実現できません。
仕事は、「何をやるか」が大切です。そして「誰とやるか」がもっと大切です。
建築という分野の仕事はどの会社でもできますが、自分が納得し、お客様を満足させるパフォーマンスを発揮できるかはその環境(=会社)で決まります。
皆さんの胸に秘めている熱い想いや、強い意志を大切にし、未来の自分に「何をやるか」そして「誰とやるか」を問いかけてみてください。そうすれば自ずと良い結果が出ると思います。
面白い仲間が待っていますので、安心してナカジツに飛び込んできてください!