Heroes ヒーローになった池戸克至

コンサルティング営業

池戸克至

2008 年度入社

どういった件でヒーローになったか?

「たまたま数字が良かったからですかね(笑)? とにかく営業成績が良かったんです。 同時に、「お客様の声」の返信率も高かったことも理由だと思います。「お客様の声」とは、担当させていただいたお客様からいただく手紙のようなものなのですが、『ありがとう』『イケてる!』などのお褒めの声や、『娘もファンです』とか『お兄ちゃんに会いたがってる。』など、お子様からいただく声も多かったですね。 やはり、お客様に対する思いやり・配慮が出来ていたのだと思います。僕は、お客様相手にプライベートみたいなキャラクターになってしまうんですが、一線だけは越えないように意識して、締めるところは締めているんです。こういったことからお客様には、フレンドリーで楽しいのに、仕事はしっかりやってくれていると感じていただけたのではないかと思います。」

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

「評価文を頂いて、もちろん嬉しかったんですけど、人から褒められるのが苦手なんですよねぇ…(笑)影でこそこそ頑張ってる方が自分には似合うかなぁ。」

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

「やることが本当にたくさんあったんですよ。ただ、日々やっているお客様に対する「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」は、しっかりやっていました。そこが崩れると、何もかもストップしちゃうというのが、周りのスタッフの経験からも分かっていたんです。あとは、やったことがないことでも、お客様の手間になるような作業は自分で率先してやらせていただいていました。」

今後の目標

「毎月ヒーロー賞をとることですね(笑)。社内営業を頑張ります(笑)。会社自体の目標は、名古屋進出ですね。近いうちに名古屋支店を作りたいです。」

ナカジツでヒーローになるためには?

「ヒーローになった人たちの背中をよく見ることですね。そこから何か感じ、勉強して欲しいです!」

今後のヒーローに期待すること

「ヒーローになると会社からお金がもらえるので、そのお金でお酒をおごって欲しいですね(笑)。今までの授業料を払え!と(笑)。まぁ、仕事でお世話になった方には恩返ししたり、今までの恩を忘れずにさらに仕事を頑張って欲しいです。」

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

「先輩と食事に行きました。会社からもらったお金を一人で使うのは違うと思うんですよね。」

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

「俺以外いないですよね~(笑)。 ・・・本音で話すと、石原さんです。あの人にこそ僕はあげたいですね。仕事も自分でやりきるし、社内営業もできる。本当に信頼できる先輩ですね。自分の時間を割いてでもお客様に当てるという、その仕事に対する熱意がすごいですね。」