STAFF INTERVIEW スタッフインタビュー

人材開発課 川端 沙季

ナカジツに入って良かったと思うことは何ですか?
やはりプライベートの時間が増えたことです。前職は、美容関係の仕事をしていました。大好きな仕事だったので転職についてはすごく悩んでいたのですが、プライベートも充実させたいと思い決断しました。 前職では夜遅くまで働いていましたし土日も仕事でした。しかし現在は8時間勤務が基本で残業もほとんどありません。仕事帰りにご飯を食べに行くなど、リフレッシュすることができるので、明日の仕事への活力にもなります。収入についても、4年勤めた前職よりも3年目の今の方が上回っています。長期休暇も交代で取ることができ、大好きな海外旅行を満喫しています。 また将来は結婚して子どもも欲しいですし、仕事も続けていきたいと思っています。ナカジツには、子育てをしながら楽しく仕事をされている先輩もいらっしゃいますし、今以上に仕事と家庭のバランスを大切にしながら、両立していきたいと思っています。
転職をするにあたり、大切にしたことは何ですか?
自分としっかり向き合って、自分が求めていることをはっきりさせることが重要だと思いました。好きなことを仕事にするのか、プライベートとの両立を目指すのか、収入を上げるのか、将来はどうするのか...。 私はそう考えたときに、長く安心して続けられる仕事で、プライベートも充実させることができる仕事にしようと決めました。転職活動も、色んな業界の色んな会社を見るところからスタートしました。その中でナカジツは、「人を大切にしている」という会社の方針が、面接をしてくれた人事の方からもすごく伝わってきたので、迷うことなく入社を決めました。 今は、与えられた仕事を全力でやるのがモットーです。自分も楽しく働きたいし、周りのみんなも楽しく働いて欲しいと思うので、自分が出せる最大限の力を発揮してサポートしていきたいです。
異業種からの転職でしたが、どんな苦労がありましたか?
前職では、パソコンもほとんど触ったことがなかったので、最初は分からないことばかりでしたが、周りのスタッフがサポートしてくれたので、苦労したという気持ちは全くないですね。何を聞いても優しく教えてくれるので、とても居心地が良くゆったりと仕事ができました。 あと元々人と接することが好きな性格ですので、入社当初のフロアセールススタッフ職では、接客を楽しむことができました。 来店されるお客様の気持ちを考えて、どんなお店だったら、どんな言葉をかけたら居心地よく過ごしていただけるかを毎日一生懸命考えていました。そして現在は、人財開発課へ異動になり、新規店舗の出店業務をメインで行っています。たくさんの業者の方と連携を取りながら進めていけるので楽しいですし、 店舗が完成したときはこの上ない達成感があり、それまでの苦労はすっかり忘れてしまいますね。
ナカジツの普通じゃないところは?
元気な人が多いところ。いい意味で部活のような雰囲気で、和気あいあいとみんなが楽しそうに仕事をしています。あとは仕事のやり方も普通じゃないです。 特に印象として残っているのは、私が参加させていただいた「CHANPONプロジェクト」というプロジェクトです。この時は、新しいシステムを作るという企画に対して、様々な部署から普段仕事で深く関わることのないスタッフが集められて意見を出し合いました。 新しいことを始める時に、私たちスタッフの意見が反映される というのはすごいことだと思います。そしてフロアセールススタッフという立場からも意見を出すことができて、とても楽しいプロジェクトでした。 全く違う業界からの転職でまだ3年ですが、様々な仕事をさせていただけて、自分が想像していた以上に満足しています。 転職活動中のみなさん、ナカジツは入ってから後悔することのない会社だと思います。ちょっとでも引っかかるものがあったら、まずは飛び込んでみてください。

OTHER INTERVIEW