Heroes ヒーローになった北原 祐美

人財開発課

北原 祐美

2008年入社

Q1. どういった件でヒーローになったか?

私が所属している人財開発課は、2017年度は編成が変わり、ほぼ新しいスタッフで業務を行っていく事になりました。
中でも、下半期はそれぞれのスタッフが最大限の力を発揮した時期でした。その中で、途中くじけそうになりましたが、部署の仲間に支えてもらいながら全員で業務遂行できたことを評価いただいたと思っています。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

いただけると思っていなかったので、とても嬉しかったです。
人財開発課の業務は数字では計ることができず、教育やサポート業務で評価しづらい業務です。
このような賞からは無縁だなと思っていたので、自分の写真が写った時は驚きました(笑)

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

忙しい中でも、いつも「笑顔」で業務を行う事を努力しました。
どうしてもそっけない態度になってしまったり、ぶっきらぼうになってしまったり・・・
皆の気分を害してしまうので、常に余裕がある風で仕事をしていました!

Q4.今後の目標

今後の目標は「目標達成できる人財の育成」です。
人財開発課より前は営業やFSSをしておりましたので、仲介の仕事はおおかた理解していますし、経験したからこそ、スタッフの気持ちも理解しやすいと思っています。
そこを活かし、教育により一層力を入れたいです。
そして、研修したスタッフが活躍している姿を見ておいしいお酒を飲みたいです!!

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

仕事に真摯に向き合い行動でき、最後までやり遂げることができる人だと思います。
ただ、ナカジツのスタッフは当たり前にできている人ばかりですので、誰でも該当してしまう気がしますが(笑)

Q6.今後のヒーローに期待すること

一度受賞したら終わりではなく、もう一度受賞を目指す気持ちを持ち続ける事です。
その気持ちがあれば、ナカジツがもっと成長すると思います。
私ももう一度いただけるよう、努力し続けます!

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

家族と計画している旅行に使いたいと思います!推薦していただいた部署の皆さんにはお土産を買ってきます!!

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

総務・経理・財務などの管理部の皆さんを推薦します。
同じフロアで働いていますが、電話もひっきりなし、問い合わせ等もたくさんある中で仕事をされています。
表舞台で活躍できるのは、頑張ってくれているスタッフがいるからだという事を間近で見て改めて感じています。