Heroes ヒーローになった春日 尚子

建築アシスタント

春日 尚子

2016年入社3月(2018年5月インタビュー)

Q1. どういった件でヒーローになったか?

繁忙期且つ人数が少ない中でも業務に対して全て手を抜かずにやり切り、サポートした点を評価頂きました。
これは自身の力だけでなく、上司や店舗を始め管理部等の他部署の方々、そして先輩をはじめ多店舗の建築アシスタントの皆様にお力添え頂いたおかげです。
本当にありがとうございます。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

驚きと感謝の気持ちでいっぱいでした。
この数か月はとにかく仕事をやり切る事に精一杯で、まさかこのような賞を頂けるとは思っておりませんでしたし、私自身以外に相応しい方は沢山いらっしゃる中での受賞は大変恐縮でしたが、同時に事務スタッフもきちんと見て頂けているという事に感動致しました。

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

繁忙期で業務量が通常より多く人数が少ない中で、請求書処理やパース作成をはじめその他事務処理といった、ひとつひとつの業務を丁寧にそして納期内に遂行する事を第一に取り組みました。
特別な事はできてはおりませんが、「当たり前の事を当たり前にやりきる」という事の大切さを改めて実感しました。

Q4.今後の目標

チームやセクションの方をより一層サポートできるように、視野を広く持ちスキルの向上と業務の効率化に努めたいです。あとは資格取得を頑張ります。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

明確な答えはわかりませんが、周囲に感謝と配慮しながらも自分のすべきことを全力で行い会社に貢献することが大切だと思います。

Q6.今後のヒーローに期待すること

営業やプロデューサーの方だけでなく、日々支えてくださる管理運営本部や事務スタッフの方にもっと受賞して頂きたいです。

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

資格取得の為の参考書購入費用に充てさせて頂きます。

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

RSとよたうわごろも店の堀木さんです。
とよたの建築アシスタントが少ない中でも、多くの業務をスピーディーにこなし建築PDの方をサポートしていらっしゃいます。
そして何よりも、常に前向きな発言や仕事に取り組む姿勢にとても良い刺激を貰ってます!
そんな堀木さんに是非ヒーロー賞を受賞して頂きたいです。