Heroes ヒーローになった黒木 遼子

フロアセールススタッフ

黒木 遼子

2016年9月入社(2018年9月インタビュー)

Q1. どういった件でヒーローになったか?

決まった仕事をやるだけではなく、その先を見据えた+αの仕事をした点だと思います。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

もらえると思っていなかったので、単純に嬉しかったです。そして「もっと頑張らなきゃ!」と思いました。

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

結果というよりも過程や行動が評価に繋がったのかなと思います。
私のいる店舗は2018年度に営業メンバーがベテラン勢から新人中心へとガラッと変わった事もあり、私自身が1件でも多くの案件を営業さんに繋げる事ができればと必死でした。

Q4.今後の目標

私には、具体的な目標があります。それは安城・知立店で私と同じフロアセールススタッフとして勤務している「中山真紀さん」です。
最近、店舗を移転したのですが、私が助けを求める前に店舗移転経験者である真紀さんがやる事を教えて下さいました。移転準備に関して、業務量が多かったのですが、真紀さんがわかりやすくマニュアルにまとめてくださっていたおかげで、トラブルなくスムーズに作業することが出来ました。
また、常に気にかけてくださっていて、定期的にお電話もくださり、凄く心強かったです。ですので、私もそんな風に自ら進んで仲間をサポート出来るような人になりたいと思っています。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

与えられた仕事だけではなく、自ら進んで仕事をする。
あと、社訓にもあるように日々精進の精神ですかね。笑

Q6.今後のヒーローに期待すること

なんでしょう…。現状に満足する事なく、常に上を目指して行動していけば、ナカジツでは誰かが見てくれていて、必ず評価をしてくれます!

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

入社してからお世話になった方をご飯に誘いたいです。

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

IT戦略課の皆様です。PCやネットワークで不具合があるとすぐに頼ってしまうのですが、いつも優しく対応してくださいます。感謝しかありません。