Heroes ヒーローになった鈴木 理恵

ハウス事業部 工事課

鈴木 理恵

2017年1月入社

Q1. どういった件でヒーローになったか?

ナカジツ史上初の取組みとなる「安全大会」の段取りから当日の進行まで担当し、第一回目は約180名の方々が集まる会となりましたが無事成功まで導くことが出来たことで、評価して頂きました。

安全大会とは、分譲・注文・リフォームそれぞれの部署の工事協力者様の中から特にお世話になっている業者様にお集り頂き、工事現場において最も優先すべき安全についての意識を高める決起集会のようなものです。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

とにもかくにも嬉しかったです。前々から次長の市川さんから
モチベーションマネジメント賞あげるあげる詐欺を受けていたので、賞の種類こそ違えど、正直「やっときたーー!」という気持ちです。笑

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

偉そうなことは言えませんが・・
他人任せにせず、自分で考えて最後までやりきること、
確認作業を怠らず何度も頭の中でシュミレーションをすること、
万が一に備えて、十分すぎる程に準備をしておくこと。
それが大切かと思います・・・。

初めての試みということで、全てがゼロからのスタートでした。
何が正解なのか自分でもよく分からない中で、まずは自分で考えて進んでいきました。当然至らない点が沢山ありましたが、市川さん初め、課長の熊谷さん、中澤さんや工事部の皆様・他部署の方々の多大なるサポートのおかげで、成功することが出来ました。

Q4.今後の目標

代えのきく存在にはならないことです!
これを任せるなら理恵ちゃんがいい!と思ってもらえるような存在でいます!
日々多忙な皆様の力になれるよう、全力を尽くします!かゆいところに手が届く人間でありたいです。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

「他人への思いやり」を1番に考えて愛をもって仕事をすることだと思います。これは岡崎工事課の課長の熊谷さんも常々おっしゃっています。
あとは、腐らず、前向きに頂いた仕事に取り組むことでしょうか。
どんなことでも無駄な経験は無いですし、頼む側が気を遣わないような姿勢でいる方がお互い気持ちよく仕事が出来ます。

Q6.今後のヒーローに期待すること

ハウスの建築プロデューサーをもっともっと評価して欲しいです!!

功績発表で壇上に上がってほしいです!一番近くで建築プロデューサーの頑張りを見ているからこそ、もっと沢山の方にその頑張りを見てほしいです。
暑い日も寒い日も雨の日も毎日現場を必死で駆け回わっている彼らは偉大です!

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

飴ちゃんを買います。私の机の上には飴ちゃんBOXというのが置かれていて
夕方17:00頃になると、やたら飴ちゃんBOXに人が集まります。柘植さんは
2階にくると自分の好きな味の飴だけ大量にまるっと取っていきます。
そんな皆大好き飴ちゃんが底を尽いてきたので初めて自分で買い足します。

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

市川さん、熊谷さん、多田さん、山岡さん、鈴木孝典さんです!
次長課長の皆様です。本当に尊敬しています。
どこかの現場で問題が起きれば、二度と起こらない為の対策を考え早急に展開し、時代に合わせて制度やルールを変えて、ニーズに合わせて仕様も変えて・・。
めまぐるしい日々の中で後輩の面倒を見ながら、部署全体を動かしていく。
ものすごいエネルギーをもった方たちの元で仕事が出来ることは幸せです。
どれだけ忙しくても、態度には出しませんし、マイナスな発言もしません。
それどころか、周りを気遣い声かけしてくださる。私は中途で入社しましたが、
こんなに素晴らしい環境で働くのは初めてです。そんな環境を作り上げてきてくださった方たちを推薦致します。