Heroes ヒーローになった鈴木孝典

技術系総合職

鈴木孝典

2015年4月1日

Q1. どういった件でヒーローになったか?

社内コンペにて、1棟4万円のコストダウンに繋がる商品の提案を行い、実現させることができました。
年間で約1,500万円のコストダウンになり、会社に貢献したことを評価して頂きました。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

正直、頂けると思っていなかったので、嬉しかったですね。
次も良い発表ができるように頑張ろうとモチベーションになりました。

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

商社との交渉で妥協せず、何度も打ち合わせを行い、追及した結果です。

Q4.今後の目標

部下、後輩の役に立ち、成長させて、将来のヒーローを生み出す存在になりたいですね。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

自分の時間を惜しまず、誰かのため、何かのために目標に向かって努力すれば、ヒーローになれると思います。
自分にしかできないことを成し遂げ、周囲の役に立つ人こそがヒーローです。

Q6.今後のヒーローに期待すること

自分の時間を惜しまず、誰かのため、何かのために目標へ向かって努力をすれば、ヒーローになれると思います。
自分にしかできないことを成し遂げ、周囲の役に立つ人こそがヒーローです。

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

部署みんなに配れるお取り寄せグルメを探そうかと思っています。

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

部下・後輩です。
彼らが通常業務を円滑に進めてくれているおかげで、打ち合わせに専念することができ、今回の賞に繋がりました。
ナカジツの新築を支えているのは、現場の最前線で活躍している建築P、その業務のサポートを行っている事務の皆さんです。
いつか皆がヒーローになれるように、僕も恩返しをしていきます。