Heroes ヒーローになった末永大地

管理系総合職

末永大地

2019年6月

Q1. どういった件でヒーローになったか?

ディレクション業務において、関東エリアと福岡エリアのリフォーム新商品の資料リリースに取り組んだ姿勢を評価いただきました。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

自身の業務を他部署の方から評価いただけたことが、何よりうれしかったです。
まだまだ未熟で、皆様から助けていただくことの方が多いのですが、今後は頼っていただけるような存在になるよう努力を続けたいと思います。

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

リフォーム部門の皆様からの「新商品を良いものにしたい」という強い熱意にお答えできるように早いレスポンスを心がけていました。

Q4.今後の目標

もちろんヒーロー賞をいただけたのはありがたいですし、今後も目指したいという気持ちもありますが、何よりも共に業務に取り組む皆様への敬意をもって仕事をするという気持ちを忘れず邁進し続けたいです。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

「何かをすればヒーローになれる」という方程式は分かりませんが、例えどんなことでも努力した姿は誰かが見てくださっていると今回感じることができました。
夢中で取り組み続けることだと思います!

Q6.今後のヒーローに期待すること

ナカジツにはヒーローがいっぱいいますが、周りを巻き込み良い空気で仕事をしていけるような人に憧れます。
そんな方がどんどん増えて、お互いに良い影響を与え合える職場は素敵ですね!

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

これから決めます!

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

ナカジツの業務にともに携わった方皆様が僕にとってヒーローです。
誰かを選ぶとしたらリフォームの伊藤正樹さんと工事課の鈴木理恵さんです。数種の資料作成におけるディレクション業務で、各種管理確認をいただき、こちらで把握できていなかった問題点の洗い出しや情報精査など、お二人の力無しでは完成に至らなかった場面が数々ありました。
いつも助けていただいています。