Heroes ヒーローになった山田美菜子

管理系総合職

山田美菜子

2017年8月入社

Q1. どういった件でヒーローになったか?

2017年より始まった社内ベンチャー制度を見直し、よりレベルの高い制度へと創り上げたことです。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

とても嬉しかったです。
終わった今だからこそ、良い経験をさせてもらえたと思いますが、当時は辛いと感じる瞬間もありました。
しかしヒーロー賞をもらえたことも相まって、最後まで頑張って良かったと思いました!

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

一番は自らもベンチャー制度に応募しながら、運営も務めたことだと思います。
ベンチャー制度のレベル向上のために実施した外部研修や社内勉強会にも参加し、新規事業を考えるために必要となる基礎を学びました。
アウトプットの場としてベンチャー制度へも応募しましたが、実際のプレゼンに向けて不足する情報を調査したり、より聞き手に伝わりやすくするために資料の内容や順番の精査をしたり、話し方を考えたりと、想定よりも準備時間がかかりました。
振り返ってみると、運営も並行しながら進めていくのは想像以上に忙しかったです。(笑)

Q4.今後の目標

来期は今期のレベルの提案数を増やすことが大きな目標となると考えています。
自身の経験や周りの意見を元に、ベンチャー制度自体も、必要に応じてアップデートしていきたいです。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

一生懸命やること、だと思います!

Q6.今後のヒーローに期待すること

他スタッフの目標になれるようなヒーローが増えると良いと思います!
私もそんなスタッフを目指していきたいです。

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

支えてくれた仲間と家族に何かの形で返したいです。

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

僭越ながら、神谷部長へ送りたいです。
困った時は必ず手を差し伸べてくれます。
上司だから当たり前!と言うのかもしれないのですが、本当に心強い存在です。
今回のベンチャー制度も一緒に創り上げていただきました。
ありがとうございました!