Heroes ヒーローになった大庭 泰樹

建築プロデューサー

大庭 泰樹

2009 年度入社(2011年インタビュー)

どういった件でヒーローになったか?

1月2月と2,000万ずつの契約が取れ、年間で一億以上の契約が出来たことが大きいと思います。
ただこの数字は僕だけが作ったのではなく、各店舗の営業の方や、事務所のメンバーのサポートがあったから出来たことだと思います。 平均してこれまでは1,000万くらいでしたが、その倍を取ることが出来ました。

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

石原さんからもらったことが非常に嬉しかったです。 僕が入社した時から直属の先輩としてずっと僕の事を見ていてくれた方で、入社し立ての頃は何度か注意を受けたこともありましたが、 いつかこの人に認められるような建築プロデューサーになりたいと思い、頑張ってきました。
僕が入社当時の石原さんも3年目だった。その時の石原さんと同じ3年目の今、石原さんから評価をもらえたことが、僕にとっては大きいですね。 それに、年間契約1億円は、石原さんも達成していませんしね。(笑)

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

営業さんと連携を取るように心掛けました。 リフォームを多く受注していくためには、自分の努力だけではなく、営業さんの協力がどうしても必要です。それがナカジツのビジネスの売りでもありますしね。
ただ、営業さんの本業は「不動産売買のコンサルティング」であって、「リフォーム」ではないんです。ですから、まずは少しでも営業の皆さんにリフォームの事を知ってもらい、お客様に勧めて頂けるようにと思い、刈谷店で毎月勉強会を開いてきました。 そうすると営業さんからもどんどん意見を言っていただけ、僕自身の勉強にもなりましたし、皆さんも今まで以上にお客様に勧めてくださるようになったんです。
まずは自分の担当店舗である刈谷店の皆さんの協力を得ましたので、 今後は、ナカジツ全体を巻き込んだ連係プレイをしたいですね!

今後の目標

リフォームショップでは月間5,000万を契約することがチームの目標なんです。 でも1月の契約が4,800万で、非常に悔しい思いをしたんですよね。ですので、2012年中には5,000万取ります!!
個人的にはこれからどんどん後輩が入ってくるので、僕が石原さんに思ったように「大庭さんに認められたい」と思われるような先輩になっていきたいですね。そのために、他部署の方からも頼られるようなスタッフになっていかなければと思っています。クオリティ上げて、カッコイイもの作って、頑張りますよ!

ナカジツでヒーローになるためには?

目標を持って努力することだと思います。
目標があるからこそ人は成長しますし、努力もできる。 だからまずどんなことでも目標を持つことが大事だと思うんです。 数字だけじゃなく、どんな職務であろうと、自分に与えられた責任を全うすることが大切だと思います。

今後のヒーローに期待すること

ナカジツで働いている以上、自己犠牲をいとわず努力する姿勢が必要だと思います。
ただ、自分の事だけ頑張っていてもこれからはナカジツでヒーロー賞はもらえないんじゃないかなと思います。 大事なのは周囲を気にかけ、感謝の気持ちを持って、それを伝える事。つい忙しくなると周囲への配慮がおろそかになりがちです。だからこそ、そういった気配りもできる人がヒーローなのだと僕は思います。
僕もまたもらえるように感謝の気持ちを今以上に持っていきます!!

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

まだ使ってないです。 みんなで飯でも食いに行きたいですね。 これも感謝の気持ちです。

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

ハウス事業部の飯田くんと岡田くんですね。
ふたりとも1年目なのに、すでに何棟も現場を持ち、分からないなりに頑張っているんですよ。帰りが遅くなっても愚痴も言わずにただひたすらに頑張っている。
それに、飯田くんも岡田くんも、自分の仕事だけじゃなく、他部署の仕事も率先して手伝ってるんです。採用活動のために説明会に行ったり、オープンハウスを手伝ったり。それも嫌々やってるわけではなくて、本当に「自分が役立てるなら是非!」という姿勢で参加しているんです。そういう努力の姿勢が僕ら先輩にもいい刺激になっていると思います。