Heroes ヒーローになった大久保 旭紘

コンサルティング営業

大久保 旭紘

2015 年度入社(2016年インタビュー)

どういった件でヒーローになったか?

先月の営業成績が今までの自分の数字を越えたこと、営業社員の中でトップだったことを評価していただけたので、ヒーローになれたと思います。

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

正直、素直に嬉しい気持ちでした。やはり自分がやってきたことを評価していただける点はすごく嬉しいですし、その後の自信にも繋がりました。
しかし、近藤店長からは1000万円を超えたらヒーロー賞に推薦すると言われていた中、私の月間数字は996万円でした。社内トップを取ったとは言え、目標数値に達していません。ですので、心情としては悔しさの方が強いです。

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

今までと違い、何か特別なことをしたつもりはございません。
ただ自分の中で意識は大きく変わりました。2年目になり後輩ができたことによって、教えられる立場から教える立場へ。 さまざまな状況の変化から自分の中で使命感が芽生え、意識が変わりました。 その結果が今回は数字となって出てきたのだと思います。

今後の目標

毎月営業成績トップを取ることです。社長が毎月トップを取る奴はいないっておっしゃっていました。人がやってないことをやるって気分がいいですよね。
また毎月トップを取る=年間MVPです。 何事もトップを目指さなければ意味がないと思います。

ナカジツでヒーローになるためには?

目標を持ち頑張ることは当たり前です。あとは周りに感謝できる人だと思います。
営業成績もそうですが、自分1人で作れるものではありません。私達営業はいろんな人のサポートがあって仕事をしています。ナカジツは仲間を思い合って仕事をするスタッフばかりです。自己中心的な考え方ばかりしていては、スーパーヒーローになれないと思います。

今後のヒーローに期待すること

憧れの存在になれる人です。後輩からも先輩からも慕われて憧れの存在になれる人がヒーローだと思います。これは現在の私の目標でもあります。

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

もちろん1人では使えません。 自分の意識を変えさせてくれた人、支えてくださった人に使います。

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

近藤店長です。今回私は、近藤店長に推薦していただきました。店長は部下を推薦する立場なので、私から店長を推薦させていただきます。 近藤店長はとても真面目で仕事に対して、真っ直ぐな方です。今回の成績も自分一人の力では成し遂げられませんでした。
また、とても部下思いで時には厳しく、時には優しく接してくださいます。 いつも、本当にありがとうございます。そんな近藤店長をヒーロー賞に推薦致します。