Heroes ヒーローになった多田健太

管理系総合職

多田健太

2018年4月

Q1. どういった件でヒーローになったか?

社内システムの機能拡張に伴うトラブルに対し、影響を拡大させないよう他部署のスタッフと協力し、問題なくリリースすることが出来た点です。

Q2.評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

素直に嬉しかったです。

上長が一時的に役員兼課長を務めていらっしゃること、また、期末というとても忙しい中でも、しっかりと評価をしていただける環境だと実感することが出来ました!

Q3.どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

日頃から積極的にシステムの運用・保守を行なっていたことです。

担当者が明確に分かれていないチームのため誰がやってもよかったのですが、業務知識を増やすためと積極的に対応を行なっておりました。

Q4.今後の目標

ナカジツはIT領域にも力を入れており、新規開発案件もどんどん増えております。
プロダクト開発を進めていきSaaS事業部の存在感をより高めていきたいと思っております。

Q5.ナカジツでヒーローになるためには?

より多く行動をすることかと思います!

Q6.今後のヒーローに期待すること

憧れの存在になっていただきたいです!

Q7.ヒーロー賞の賞金は何に使いますか?

チームの方々・家族に還元していきたいと思っています。

Q8.ヒーロー賞に推薦するとしたら誰をしますか?

AIの開発をしたり、新規事業を考えたりと果敢に挑戦を繰り返している同じ開発チームの松浦さんです。

自分ももう一度ヒーローに推薦されるように負けずに頑張っていきたいと思います!