Heroes ヒーローになった伊原 悠司

コンサルティング営業

伊原 悠司

2013 年度入社(2013年インタビュー)

どういった件でヒーローになったか?

新入社員で一番初めにナカジツの請負契約を取ったからだと思います。 5月に初めてお話ししたお客様で、そこから何度も接客をしてお話を固めていきました。
三井課長(教育担当)に教えて頂いたことを思い出しながら、 ひとつひとつ丁寧にお話ししていたことが良かったんだと思います。

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

足が震えていました。(笑)
入社して4ヵ月目の自分には、まだヒーロー賞は無縁だと思っていたので。 ただ、ヒーロー賞をもらう先輩方を見て羨ましいと思っていましたし、いつか…とは思っていました。 評価文を読み上げられている途中で自分だと気が付いたのですが、それでも「まさか!」という気持ちでしたね。

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

自分にはまだ知識が足りないので、お客様と一緒に考える、ということを大事にしていました。
もともと何も決めていらっしゃらないお客様で、土地も、建売も、マンションも、全て見に行きました。ナカジツのビジネスモデルにあるママ楽ハウスやリフォームショップもどちらも紹介し、何がベストか相談していきました。
お話をする中で、そのお客様は「自分で決めたい」という気持ちの強い方だということが分かったんです。ですから、既に完成している建売住宅を購入して頂くのではなく、中古+リフォーム、もしくは土地+注文住宅だとかためていき、最終的にナカジツの注文住宅『ママ楽ハウス』をご購入いただきました。 何度もお会いしたり、一緒に考えたりしていたので、きっと信頼関係が築けていたのだと思います。 何より、家造りの楽しさを感じてもらえたのだと思うので、それが嬉しいですね。

今後の目標

お客様に楽しんでいただける営業になりたいです! 僕自身がエンターテイナーになって、ドキドキワクワクしながら家探しをして、お客様も一緒になって楽しんでくれたらすごく嬉しいです。
結果ももちろん必要ですが、単に数字だけを追っても仕方ないと思うんです。 だって、お客様あっての僕たちですよね。 ですから、今年は入社からずっと新人賞しか狙っていませんが、 新人賞をもらうまでの過程の中で「伊原に頼んでよかった」と多くの方に言って頂くことが僕の目標です。

ナカジツでヒーローになるためには?

僕自身模索中なのでまだ分かりません(笑)
でも、ナカジツにはすごい人ばかりなので、 普通に仕事をしているだけではヒーローにはなれないのでは…と思います!

今後のヒーローに期待すること

これもまだ分からないので、「自分がまたヒーローになるために」「パワーアップするために」という視点で答えたいと思います。
先ほどの質問でも答えたように、ナカジツにはすごい先輩がたくさんいます。 身近なところでは中須さん、西尾店の前田さん、岡崎店の久保田さん、名東店の磯村さん、豊田店の池戸さん… どの店舗にも数字を他よりも上げているスゴイ人がいらっしゃるんです。 その皆さんの営業スタイルを盗みたいと思っています! でもやはりすごい人ばかりなので、出来ることなら、全先輩の接客を、お客様側の立場で体験してみたいです!

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

家族とご飯に行きました! 家に帰ってヒーロー賞を取ったということを見せて、そのお金でご飯に行きました。 「よかったね」と家族も喜んでくれたのが嬉しかったです。
後は友達にも「俺、もう賞もらって…」と少し自慢しています。(笑)

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

中村華奈さんです。
今、僕の面倒をすべて見てくださっているのですが、本当に仕事に熱心なんです。 休日でも仕事に出てきていたり、普段も帰りが遅かったり…でも、すごく楽しそうに仕事をしていらっしゃるんです。 楽しく仕事をしているからだと思うんですが、結果もあげているんですよね。 そして数字だけでなく、お客様からの手紙もたくさんもらっているんです。
忙しいのに、いつも、お客様が家を買うためにどうすればいいのか、幸せになっていただくために自分には何が出来るのか…という視点でお客様と接していらっしゃるのが、本当にすごいと思っています!! ですので、僕は、中村華奈さんを推薦します!!