Heroes ヒーローになった井戸 勝範

管理系総合職

井戸 勝範

2010 年度入社

どういった件でヒーローになったか?

柳主任から、引渡式やイベントなどで、お客様の都合に配慮し、きめ細かく動いたことを評価していただきました。

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

非常に嬉しかったです。まさか自分が?と思いました。
マーケティングチームの業務は後方支援がメインとなります。営業さんたちみたいに、目立つものではありません。それをしっかりと見ていて評価してもらったことに感動しました。

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

常にお客様や他のスタッフにとって心地良く物事が進むように配慮した結果だと思います。ナカジツにとって大切な理念であるホスピタリティーについて、公私問わず常に意識しています。
注文住宅を建てられたお客様に引渡式というセレモニーを行っているのですが、例えば結婚式やレセプションへの参加時、ホテルやレストランやヘアサロンなどでサービスを受けた時など、自分が受けて心地良いと感じたり感動したサービス等を取り入れるようにしています。
まだまだたくさん改善の余地はあると思いますので、貪欲に取り入れていきたいと思います。

今後の目標

お客様やスタッフの要望に応えるためには、より広い範囲での知識やスキルが必要になってきます。常に情報にアンテナを張り、新しいアプリケーションや知識を貪欲に取り入れていきたいと思います。
またより多くの人にナカジツの良さを知ってもらえるよう、公私問わず、PRして行きたいと思います。

ナカジツでヒーローになるためには?

例え裏方で目立つ仕事ではないとしても、常にベストを尽くし、会社を盛り上げて行こうと工夫出来る人であれば、誰にでも可能性があると思います。努力と成長を誰もが分け隔てなく評価してもらえるのがナカジツの良いところだと思うので。

今後のヒーローに期待すること

僕らみたいな、後方支援のスタッフからもっとヒーローが出て来るとより面白いと思います。その人がいるおかげでものすごく仕事がしやすくなったり、直接お客様と関わりを持たないスタッフだけれども、実は影で売り上げに貢献していたり…。部署間を超えて、その工夫だったり改善を伝えられるシステムがナカジツにはあります。そういった場所で、もっとガツガツ前へ出てもらえると嬉しいなと思います。

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

デザイン関係、Web関係の本、カメラのレンズ資金にします。いただいた賞金でより会社に貢献出来るスキルや環境を整えます。

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

社長室の中村華奈さんと、名東リフォームショップの水野由菜さんです。 お二人とも営業職のように成果が数字で表されにくい部門で働いて見えますが、 職種の枠を超えてマルチにご活躍されているからです!
中村さんは時にはお客様へとの商談に入り、新入社員の入社時期には教育担当として、不動産の知識や接客の仕方を教えて見えます。どれも、ナカジツの中で、無くてはならない仕事だと思います。
水野さんも、リフォームショップの事務全般を担当しながら、お客様へのインテリアのご提案に飛び回ってみえます。
お二人のように様々な分野で活躍するステージがあるのが、ナカジツの良いところでもあると思いますね。