Heroes ヒーローになった中澤 希美

ハウス事業部 工事課

中澤 希美

2012 年度入社

どういった件でヒーローになったか?

私はハウス事業部の工事課で事務のお仕事をしています。 入社当時4名だった工事課のスタッフも、現在は倍の8名になり、 取り扱う物件の数も比べ物にならないほど多くなりました。
その中で課の事務スタッフとして、 一人で全てのスタッフのサポートをしている姿を評価していただけたのだと思います。

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

驚きました! まさかいただけるとは思っていなかったので。
でも、とても嬉しかったです!!

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

同じ課の建築プロデューサーが安心して社外での仕事に専念できる環境づくりに力を入れました。
事務の仕事といっても、実施に手掛ける仕事は多岐に渡ります。 具体的には、 物件の工事にかかる費用の請求書管理や 保険・検査の手続き、 また、オープンハウス(新築物件にお客様に足を運んでいただき、実際に中を見学していただくもの)の為の家具の搬入等を担当しています。 現場に出ているスタッフが安心して仕事に取り組めるようにと それぞれの仕事に抜けの無いように、しっかりと行うように気を付けました。
また、常に先を読んで行動し、今日できる仕事は明日に伸ばさない事も心掛けました。 その結果、建築プロデューサーからもらえる ”ありがとう”が何より嬉しいですね。

今後の目標

工事課の中だけでなく店舗、更には部署を超えて役立てるようになりたいです。 そのためには、今任されている業務をより深く理解し、また店舗のことも知るとが必要だと思っています。 目標が現実のものとなるように、他店舗・他部署のスタッフとも、 積極的にコミュニケーションを多くとっていきたいと思います。

ナカジツでヒーローになるためには?

諦めずに努力を続けることです。
コツコツ頑張っていれば、必ずその姿を見てくれている人が居ます。 結果が出ないから、なかなか評価されないからと言って諦めてしまうのではなく、努力を続けることが大切だと思います。
また、自分の仕事だけに手一杯になるのではなく、 周りをサポートし、盛り上げるというのも大事なことですね。

今後のヒーローに期待すること

自分を取り巻く人のニーズを先読みし、行動できる人! そんな人はどのポジションにいても、尊敬します。

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

家族や社員の皆さんとご飯に行きました。

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

名東店建築アシスタントの水野由菜さんです。
水野さんは私のような新築物件の事務と合わせてリフォーム部門の事務を担当してくれています。今年からはインテリア事業にも携わるという事で毎日遅くまで仕事をしていると聞きました。 二年目になったばかりで大変だと思いますが、頑張っている水野さんにヒーロー賞を取っていただきたいですね。