建築プロデューサー 成子 夏芽

所属されている部署と業務内容
リフォームリノベーション本部にて、営業スタッフと協働し、お客様へのリフォーム提案から施工管理までを一貫して担当しています。 ナカジツは、不動産仲介を中心としたサービスを展開しており、主に仲介でお家をご購入いただいたお客様に併せてご提案をさせていただくことが多いです。 注文住宅を建てたいと思っていらっしゃるお客様が、予算的に難しかったり、良い土地が見つからなかったりとで、ご購入を諦められてしまうケースがあります。そのようなお客様に中古+リノベーションのご提案をすることで選択肢の幅を広げていただけることが魅力の一つです。 「中古でいいじゃなくて中古がいい」をスローガンに、お客様の求めている以上のご提案ができるよう日々業務に励んでいます。
仕事のやりがい
自分がお客様と打合せをして、思い描いていたものが出来上がっていくプロセスを見ることです。また、制作過程において1mm2mmの差で質が大きく変わります。建築用語で「おさまり」という言葉があるのですが、そのおさまりが計画通りにハマったときはとても嬉しいです。 また、とても責任のある仕事を任せて頂いているので決して楽な仕事ではありませんが、お客様の感動した表情、感謝のお言葉を頂けると、その大変さがむしろやってよかったという気持ちを倍増させてくれるので、その部分も私は好きですね!
リフォームリノベーションの強み
すでに箱が決まっている、出来上がっているものを作り替えていくので、できることに限界があります。でも、それこそが私は仕事の面白みだと思っています。例えば「お客様のしたいことを実現しようと思うと、構造上どうしても床が上がってしまいます。」という場合があります。一見デメリットに思えますが、床を高くしないとできないデザインもあるので、お客様のお悩みを解決しつつも+αの付加価値を付けた状態でご提案ができます。 私は、物件を見に行くといつも、謎解きをしている様で楽しいなと思っています(笑) デメリットをメリットに変えていけるということは、リフォームリノベーションならではの仕事の面白さだと思っています。
仕事をする上で大変なこと
建築の仕事って奥が深いんですよね。だから、できる仕事の幅は日々広がっているはずなのに、毎回今この瞬間が一番大変だなって思うんです(笑)。 終りの無いレベル上げといいますか。それが面白さでもあるのですが…。 ですので、唯一挙げるとするならばそこですかね!
選択肢が多い中でナカジツを選んだ理由
「人」と「成長スピード」の大きく2点です。 「人」に関して言うと、仕事に対する価値観が同じ人と働けるという点です。 この部分は働きやすさに大きく関わってくると思っていました。 先輩、上司関係なく自分自身の意見を発信しやすいことも魅力的でした。 「成長スピード」の部分は、現場を任せてもらえるまでの期間が非常に早い点です。 正直最初は1から10まで分からない状態で現場を任せてもらうことが怖かったのですが、会社が背中を守ってくれている安心感、懐の深さというのでしょうか。機会をどんどん与えてもらえて、そこに挑んで成長させてもらえるのは、大きな魅力です。
就職活動中の人へのメッセージをお願いします。
私は、大学院を卒業しているので、一度学部を卒業するタイミングでも就職をしようと考えていました。その時は、ナカジツのようなベンチャー企業ではなく大手の誰もが知っている会社を受けようとしていました。でも、ふと我に返った時に、自分のやりたいことはこれじゃない。このままではいけないと思い直して、大学院に進みました。 いざ、そのタイミングで再度企業を探すときには、学校の先生や親になんと言われようと自分のしたいことが出来る会社に入ろうと決めて、企業選びをしていました。 そんな時に、ナカジツというベンチャー企業にたどり着いたんです。私は県外出身なので、もちろん会社名も知りませんでした。でも、企業の本質を見た時にここだ。と思いました。 だから、今就活している皆様は親に「言われてるから…」や、「有名だから…」等ではなく、本当に自分のやりたいこと、なりたい姿に向き合ってそれが実現できる会社を是非選んで欲しいと思います。 後悔しない選択をしていただくためにも、それが一番大切だと思っています!
※所属部署及び役職はインタビュー当時の内容になります。