支店長 神谷 好汰

ナカジツと出会った時のこと、覚えていますか?
就職活動が始まり、合同説明会に足を運んだ際に初めてナカジツという会社を知りました。 会場の中で一番活気があるブースを覗いてみたら、ナカジツで。なんだかこの会社おもしろそうだぞ、他とは違うぞ、という直感で志望しました。
社長と初めて会った最終面接のことは、今でもよく覚えています。面接という場ですし、自分としては「よそゆきの僕」を演じていたつもりだったんですが、話の途中で社長が突然「君、本当はめちゃくちゃ負けず嫌いだろう」と遮ってきて。 実際その通りだったのですごくびっくりしましたね。 なんて人を見抜く力があるんだろうと思いましたし、この社長が選んだ人が集まっているならきっと良い会社に違いない、私もナカジツで働きたい! と決心しました。
ナカジツの“普通じゃないところ”とは?
年齢に関係なく大きな仕事も任せてくれる点が、他社にはない強みであり魅力だと感じています。 やる気のある人、実績を出している人には、若かろうが躊躇なく責任あるポジションに登用するという企業風土が徹底されている。 もしかしたら、社長は私の年齢を知らないのかもしれない、と思うこともあるほどです(笑)。
入社当時からいずれは店のトップに立ちたいとの思いで仕事に励んでいましたが、こんなに早く店長を任されるとは予想していませんでした。 辞令をいただいたときはとても驚きましたが、それ以上に期待されていることが嬉しかったですし、もっと成果を出したいと自分を奮起させることもできました。
また、きちんと成果を出せばしっかり給与に反映される点にも満足しています。やはり働く以上、お金は大切。きちんと対価をいただけるからこそ、次の目標に向かえるのだと感じています。
店長になり、仕事の内容に変化はありましたか?
現在は主に、営業目標の数字を達成するための管理と、長く続く店舗に育てるためのマネジメントを行っています。 目標達成のためには、自身のスキルアップはもちろんのこと、店舗スタッフの教育も欠かせません。 今の立場になって初めて、教育の意味を考える機会に恵まれましたが、自分ができないことは人にも教えられないのだと実感する毎日です。 自分に足りない部分の勉強を重ねる中で、改めて、自分を育ててくれた恩師、仕事を教えてくれた先輩や上司に感謝しています。
これから私が叶えたいのは、店長として、スタッフ一人ひとりが成績をしっかり挙げられる仕組みを作ること。 やみくもに仕事をこなし、たくさんの時間を費やし、毎日のように残業を行い、やっと達成するようでは意味がありません。営業成績を挙げながらも、勤務時間内にしっかり業務が終わること。 そうした体制が当たり前のものになれば、今後も、目標の数字を達成し続けることができるはずです。 成長を続けることは企業として当たり前のことですが、店舗の成長をナカジツの成長につなげ、会社の基盤づくりに貢献できたらと思っています。
ナカジツで、自分が成長したと思うことを教えてください。
社内をはじめ周囲の業界には「考える前にまず行動」という方が多く、そうした性格の方が、入社後すぐに結果を残しやすいように思います。 ですが私は「考えてから行動する」という性格なので、どうしても行動に移すまでに時間がかかってしまう。 入社して数年は営業成績が振るわない日が続いたのですが、日々の営業内容、月々の成績、良かった点や反省点を振り返りつつ、 周囲の同僚や先輩の「考える前にまず行動」という姿勢を自分の解釈で取り入れ、自分なりの答えを見つける努力を重ねました。 すると、3年目を迎えたあたりから数字がどんどん伸び、目標を常に達成できるように。自身の成長も感じましたし、あの時期の経験が、今も大きな自信になっています。
最後に、学生さんへのメッセージをお願いします。
就職活動もそうですが、社会に出てから武器になるのは「行動量」だと思います。私の持論ですが、社会で活躍している人たちは、行動量のキャパシティが多い人。 もし今あなたが将来について悩んでいるなら、「やろうと思ったらやってみる」練習をしてみてください。例えばこれまでに、近所のコンビニに行こうかなと思っても、寒いな、面倒だなとやめてしまうことがあったはず。 それを、面倒だと思う前に足を動かしてみる。買い物に行ってみようかなとか、遊びにでかけてみようかなとか、思いつきを実行してみる。 行動することに慣れればきっと、海外に行こうとか、気になる会社を訪問してみようとか、大きなことでも気軽に動けるようになるはずです。 そうして将来、やりがいある仕事がしたい、自分の行動が認められる環境に身を置きたいと思ったら、ぜひナカジツを覗いてみてください。
※所属部署及び役職はインタビュー当時の内容になります。