船橋北口本店(リフォーム) 支店長

2015年 中途入社

岡田 大将

岡田 大将_1

ナカジツに入社した理由を教えて下さい。

前職では、大手ハウスメーカーで現場管理職として働いていました。
学生の頃は、木造住宅の建築を行っている会社を軸にして就職活動をしていました。
いくつか内定をもらう中で、2×4と軸組を共に扱っている某ハウスメーカーに入社を決意したのですが、当時は大企業であれば、「場数も踏めて、経験値もつくだろう。」くらいの気持ちで考えておりました、 しかし実際は、大企業ほど分業化、マニュアル化、システム化が確立されており、一現場監督が介入できるのは一連の工事の一部分だけで、入社前に思い描いていた裁量の多い施工管理業務のイメージとはかなり異なっていました。
いつかは自身の会社を立ち上げることが新卒時からの私の目標であったことから、「打合せから引渡しまで一連の工程にすべて携わることが出来る会社」を軸に転職活動を行い、ナカジツへの入社を決意しました。

ナカジツの「普通じゃないところ」とは?

私が思うナカジツの普通じゃないところは、 「裁量に溢れ、明るく前向きに目標に向けて一丸となれる」風土だと思います。
早い人は入社後わずか3か月程度で現場を持つ機会を与えられますし、一度失敗しても、 積極的にトライした人には必ず挽回するチャンスを与えてもらえます。
また、底抜けに明るい社風も、スタッフの積極性を後押ししていると感じます。
平均年齢が非常に若いことも相まって、「まずはやってみよう」というスタンスで これほどまでにポジティブに仕事に取り組める環境はほかにはないと思います。
転職した身としては尚更実感することのできた、ナカジツの明確な強みだと捉えています。

岡田 大将_2

店長になり、仕事の内容・価値観に変化はありましたか?

店長として働く前は、自身の管理(案件、現場、お客様連絡など)だけを行っていたのが、店長になってからは、チーム全体の管理を行うようになりました。
その中で、自分さえ出来ていればOKだったことが、全員が出来ているかという点に目を向けるようになったことが大きな変化ですね。
今でもプレイングマネージャーとして日々奮闘しております。
また、昔は「失敗をしないこと」に重きを置いていましたが、今は、「失敗を繰り返さないこと」こそ大切だと思うようになりました。
振り返ってみると小さな失敗があるからこそ、今の仕事に繋がっていると思う部分がたくさんあります。基本的にはノーミスでの仕事を心がけていますが、この考え方の変化は自分の成長にも大きく繋がっているのではないかと思います。

今後の目標を教えて下さい。

店舗の目標としては、まずは、関東1号店の船橋エリアを成功させることです。
愛知からのメンバーと、現地採用のメンバーで構成されたチームですが、オープン1か月で、既にナカジツらしい賑やかなチームとなっています。
不動産仲介、リフォームショップともに関東から良い報告が出来るよう頑張ります。
また、個人の目標としては、一級建築士を取得することです。
最終的な自分の夢を実現させるためには絶対に取りたいと思っている資格なので、今回の試験で必ず取得したいと思います。
「休日を資格学校に充てるのも、今年で最後にします!」が目標です。

岡田 大将_3