船橋北口本店 コンサルティング営業

2018年4月 新卒入社

伊藤 貴史

伊藤 貴史_1

学生当時の就活の軸と、ナカジツへの入社の決め手を教えてください。

正直、当時は軸と呼べるほど明確なものはありませんでした。(笑)
しかし、働く上で楽しいと思える環境であるかをすごく大事にしていました。
どれだけお給料が良くても、楽しく働くことができない環境は辛いと思いますし、長く続かないと思ったからです。
そんな中、ナカジツは活気に溢れていて、当時お会いさせて頂いた社員の方々が輝いて見えました。そこに大きく惹かれ、入社を決意しました。

入社後大変だったことは?

今が一番大変だと思います。(笑)
関東初出店のスタッフとして絶対に実績を残さなければいけない中、毎日必死で目の前のやるべきことに食らいついています。
ただ、「入社後一番楽しいと思ったことは?」と聞かれても「今」と答えます。
大変とか辛いとか、そのような感情を抱いている時が一番成長できますし、
ある意味「成長痛」だと感じているので、その先にどんな自分がいるのかワクワクしながら、日々邁進しています。

細井達矢_2

ナカジツで、自分が成長したと感じるエピソードを教えて下さい。

入社して半年ほど経った頃、不動産売却のご相談をお客様から頂き、査定に行くことになりました。
当時の支店長であった細井エリアマネージャーと二人で査定に伺い、「一所懸命頑張ってくれそうだから」という理由でご売却の依頼を頂くことができました。
とても優しいお客様で、入社間もない自分のことも気に入ってくださいましたが、当時まだ半人前だった私は多くのミスを重ね、次第にお客様の信頼を失ってしまいました。
その時細井マネージャーが私の代わりに迅速に対応してくださり、何度も頭を下げられている姿を見ていて、とても悔しい気持ちや恥ずかしい気持ち、そして情けない気持ちになりました。
当時のことは今でも鮮明に覚えており、その出来事があったからこそ、仕事に対する姿勢や覚悟感が変わった気がします。

最後に、学生さんへのメッセージをお願いします。

どの会社に入社をしたとしても、楽しい時もあれば、もちろん大変な時もあります。
しかし、その大変な時を楽しいと感じることのできる会社は少ないかもしれません。
その違いは、「挑戦し失敗をした後」の違いだと私は思っています。
失敗したことを咎めることなく、挑戦した姿勢を褒めてくれる。全力で挑戦することを、心から応援してくれる。ナカジツは、そんな会社です。
一緒に働けることを楽しみにお待ちしております!

細井達矢_3