STAFF INTERVIEW スタッフインタビュー

建築プロデューサー 岡田 晃周

ナカジツの志望理由を教えてください。
一般的に大手の企業は、社内分業が進んでいて、決められた枠の中の仕事しかできません。例えば、設計をする人は設計だけ、見積りを立てる人は見積もりだけしかできない。業務の大半を、外部業者へ委託しているケースも少なくありません。そのような分離化した仕事では、面白くないのではないかという思いがありました。一方、ナカジツの場合は、お客様との打合せから、見積もりの作成、施工プランやデザインには自分のアイデアを取り入ることができ、施工現場の管理、そして物件のお引渡しまで、すべて一人で1つの案件にたずさわることができるのです。建築を幅広く学びたいなら、大手企業よりも、中堅の成長力のある企業の方が、理想が叶えられる環境だと考えていました。
入社の決め手になったのは何ですか?
大学のゼミの先輩が、ナカジツで働いていらっしゃって、話を聞く機会があったのです。仕事の内容や会社の雰囲気、何より先輩のイキイキとした表情が印象的で、自分も選考を受けてみようと思っていました。ナカジツの第一印象は、若さが満ち溢れていて皆さんが働きがいを感じているんだろうな、ということでした。就職先を選ぶ時に、社風も重視していたので好印象でした。選考が進むにつれて、働きやすい環境だということも実感。入社したいという気持ちが日に日に強くなったのは、ナカジツ一社だけでした。入社して後悔するようなことはないと確信していましたね。
これまでの仕事の中で印象に残っているエピソードはありますか?
ハウス事業部に配属になって、その2週間後に任された新築物件での経験が一番印象に残っています。経験があるわけでもなく、業者の方々とも初対面で、最初は放り出されたような気分でした(笑)。自分なりに調べたり、業者さんに教えていただいたり、先輩がサポートしてくださるので、なんとか形にはなっていきます。ただ、自分自身の根回しが足りず、近隣住民の方々にご迷惑をかけたり、段取りが悪く業者さんを怒らせてしまったり・・・。お叱りの言葉を浴びながら、とにかく必死にやり遂げた仕事でした。完成後、お客様が「ナカジツさんはやっぱり素敵な家を創るわね、岡田さんありがとう」と喜んでくださった時、どんな問題にも真摯に取り組み、全力を尽くせば報われることを実感。誠心誠意を尽くせば、気持ちは必ずお客様に伝わることを学びました。
ナカジツには働きながら資格を取得できる制度があるそうですね。
建築プロデューサーに限らず、どの職種でも業務に関わる資格を皆さん取得しています。私は、ホームインスペクターとリフォームスタイリストの資格を取得しました。自分のキャリアアップはもちろん、お客様に提供できる情報量が増えたことが一番うれしいです。
仕事を通して、自分が成長したと思うのはどんなところですか?
判断力、決断力、発言力、行動力のすべてが身に付いたと思います。学生の頃は、やるべきことが用意されていて、こなせば何とかなってしまう。それが、社会人になると、自ら行動しなければ、何も始まりません。自分の殻を破って、社会人の自覚に目覚める時が誰にもやって来ると思います。また、建築現場を管理する者として、企業の信用を守る責任も重く感じています。例えば、工事現場での事故などは絶対にあってはならないことですから、とくに慎重な危機管理をするように心がけています。入社後多くの経験をさせてもらったことで、自分が思い描いた以上に、成長の手応えを感じることができています。
岡田さんにとって、ナカジツの“普通じゃないところ”とは?
不動産仲介、新築、リフォームを一手に展開する事業形態は、業界内では個性的だと思います。しかも、それぞれの事業が別々に成り立っているわけではなく、相互に連携してサービスを提供し、様々な選択肢を用意できる体制が整っているのです。不動産業の常識に捉われず、こうした独自のスタイルを追求していく企業の姿勢は、普通じゃ考えられないと思います。
今後の目標を教えてください。
間接照明を付けたり、小さな飾り棚を付けるだけで、お客様の印象はずいぶん変わります。時間があれば、住宅関係の専門雑誌を読みあさったり、住宅展示場に出かけて、自分の引き出しを増やすように努めています。やりたいことは何でも挑戦させてもらえる環境ですから、自分の成長は貪欲に追求していきたい。形の決まりきった住まいを建てるのではなく、オシャレに楽しく快適に暮らすためのデザインを取り入れ、より満足していただける住まいを提供する建築プロデューサーでありたいと思っています。

1DAY ナカジツスタッフの1日

提案も施工も、
すべて任されるからやりがいがある。

OTHER INTERVIEW