Heroes ヒーローになった前田健太

コンサルティング営業

前田健太

2010 年度入社

どういった件でヒーローになったか?

後輩の指導をしながら数字を出していることを評価してもらいました。 安城店では店長を除くと、僕が一番、ナカジツでの営業歴が長いんですよ。 そのような環境で数字を自分で作っていることを見てもらえたのだと思いました。

評価文をもらって、どのような気持ちになりましたか?

純粋に嬉しかったです。 いつもは店長陣がヒーローを決めるのですが、今回は初めてスタッフからの投票制だったんですよ。スタッフからの推薦メッセージをもらって、数字だけではなく行動面を評価してもらえていることが特に嬉しかったです。 同時にでもこれからまた頑張らなきゃいけないな、と気も引き締まりました。

どのようなことを努力した結果のヒーローだったのか?

自分がやらないと、という意識を持っていたからだと思います。 数字を上げるために必要なのが「報告・連絡・相談」だと気が付いて、それから徹底して行うようにしています。まだまだ分からないことも多いですからね。 後輩に指導をするときには、最初から全部教えないようにしています。自分で考えて行動することが大事だと思っているんです。あとは、できるだけメンタル面のフォローもするようにしています。困ったときには自分に質問してもらえるように、後輩との関係をつくれるようにしています。

今後の目標

もっと落ち着いた人間になりたいです。 何か予期せぬトラブルがあったときにも感情的にならずに、落ち着いた対応ができるようになりたいです。今の自分はまだまだコドモなので(笑)

ナカジツでヒーローになるためには?

やはり営業なら数字を上げることだと思います。 営業で数字がゼロでは賞はもらえないですから、自分でプレッシャーを感じて貪欲にやることが大事かな、と思います。

今後のヒーローに期待すること

ナカジツを勢い付けてくれる人がヒーローになってほしいと思います。 誰かの後についていくのではなくて、自分から引っ張っていってくれるような人がいいですね。

ヒーロー賞の賞金は何に使いましたか?

まだ何も使っていません!(笑) ですが、仕事面での自分への投資をしたいと思っています。 不動産という高いを扱う以上みすぼらしい格好はしてはいけないと思いますし、質のいいものを持ちたいと思っています。

ヒーロー賞に推薦するとしたら誰を推薦しますか?

中村華奈さんですね。上司や先輩から厳しく言われても、へこたれずに繰り返し質問しているんですよ。案件がダメになったもあきらめずに持ってくる。頑張ってると思うし、期待してます。 いつか僕が売り担当、中村さんが買い担当で契約をとれたら嬉しいですね。 中村さんには安城店の数字をつくる原動力になってほしいです。